スポンサードリンク

女性の痔も多い

「これは痔の症状? イボ痔ってやつ?」

 用便時に妙な腫れを発見。もしくは、出血。
 おじさんの病とばかり思っていたのにショックですよね。

 現代社会の生活仕様上、女性の痔もじつは少なくありません。
 とくに妊娠時、腹圧が高くなり、うっ血しやすいので妊婦の痔の悩みは意外に多いのです。
 
 痔は(痔ろう癌以外)死にいたる病ではありませんが、用便の度の痛みは憂鬱です。トイレをためらっていると毒素を溜め込むことになります。
 また、痔だと思っていたら大腸癌だったというケースも。 

 しかし、デリケートな部位だけに口にしにくいもの。
 痔の薬を買ってみて症状がおさまらないと、結局、病院という選択肢に行き当たります。が、ふとためらってしまいます。

 痔の治療って? 痔の手術って痛いの?

 痔は痛いものですが、切らねば死ぬというものはほとんどありません。
 必ずしも手術しなくてもいいのです。
 また、痔の日帰り手術もあります。入院しても10日以下です。
 手術は麻酔を使うので痛みません。(麻酔後、数日、傷がうずくことはあります)
 
 痛くてトイレもままならない日々こそ、体も心も重くしてしまいます。
 痔の診察、治療とはどういうものか知って、病院という選択肢も考えてみましょう。 



 

 






痔の予防 その1 トイレは短め

きれ痔、いぼ痔は生活療法でかなり改善します。

痔の予防には何より、便の状態に気をつけねばなりません。

うんうんいきんだりすると、腹圧で静脈が圧されて血行が悪くなります。
しかし、動脈からは血液が流れ込んでくるので血液がたまる。
さらにいきむと血管が突び出し、痔核に。

長時間いきむことは痔によくありません。
まずは便をバナナのように保つ生活にしましょう。

いきむ時間は一分以内に。






痔の予防 その2

お尻をまた痔にしないために

お尻を清潔に保つことが痔の治療になります。
紙で拭いても完全に汚れは落ちません。

ウォシュレット完備であれば問題ありませんが、
そうではないご家庭なら

★ 排便後、洗面器にお湯を張って、お尻をていねいに洗う。

もしくは

★ お湯をふくんだガーゼで肛門をきれいにぬぐう。

ただし、やりすぎは皮膚炎の元になります。
消毒剤でぬぐったりする必要はありません。
お湯できれに洗い流すにとどめましょう。


 






痔に悪い座り方

痔にもっともよくない座り方

それは、椅子でもタタミでも関係なく、

あぐら

立ち上がる時によけいな腹圧がかかり
肛門にうっ血を起こしやすいのです。

また

・かがむ、中腰などの姿勢

キャッチャーのような姿勢も肛門に力が入るため
痔によくありません。

もちろん周知のように、長時間の座りっぱなしは禁物。
坐業の方は一時間に一回は少し歩いて、血行をよくしましょう。

床に座る時は、正座などのほうが痛みが強く出ません。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。